イスーター 神様の領域

神様の領域新しく生まれる

あなたに…

イースターおめでとうございます。

日本において、イエスキリストの誕生をお祝いするクリスマスは、どなたもご存じで、お祝いも盛大におこなわれますが、
クリスマス以上に大切なイースターは、あまり知られていないのはなぜでしょうか?

誰にとっても「生まれる」ということは、うれしい、楽しいことです。
ですから、クリスマスにイエス様の誕生を祝うのは当然な気持ちであるかも知れません。
しかし、生まれたものは、死ぬのが普通です。

ところが、私たちの主イエスキリストは、十字架の上で死んで、三日目に復活されたのです。
何という不思議なことでしょうか。
イエス様のその復活をお祝いするのがイースターなのです。

死んだイエス様が復活したことを、多くの人は信じられず、それでイースターをけむたがっているのかもしれません。
けれども、「イエス様の復活は、あなたの永遠の命と祝福のためであった」としたらどうでしょうか?
それはとてもうれしい知らせではないですか?
そうです。イエス様の復活は、あなたのためでもあったのです。

さて、イエス様の死体がおさめられた墓において、天使はいいました、
「あなたがたは、なぜ生さている方を死人の中で捜すのですか。
ここにはおられません。
よみがえられたのです」 (ルカ福音書24:5,6)

あのイースターの日の朝、イエス様を慕っていた女達は墓に急いでいました。
やさしい愛に満ちていたイエス様、力強い奇跡の数々を行われたイエス様を忘れることのできない女たちは、
せめて、くぎや槍で傷つけられたイエスさまの死体に香油を塗って差し上げたいと、
悲しみに満ちた重い心をもって急いでいました。

ところがイエスの墓は空っぼでした。
そしてそこに現れた天使が言うのです。
「なぜ生きている方を死人の中で捜すのですか。
ここにはおられません。よみがえられたのです。」と。
イースターの宣言です。
このことばから、三つのことを考えてみましょう。

1.人は捜している

第一番目は、人間は探しているということです。
人は、真実を探しています。
人は、命を探しています。
人は、永遠のものを探しています。
先日、ある方が教会の案内を作り、学生アパートに配ってくださいました。
それには、「生きるとは、愛とは、まじめに語り合ってみませんか?」と書かれていました。
人は探していますね。

ある方が、電話で尋ねられました、「人は、なぜ生きなければならないのですか。」
学者も、中高年の働き盛りの人達も、主婦も、学生も、心の深いところで、
真実・命・永遠のものを探しているのではないでしょうか?
人は昔も今も、本当のいのちを授しているのです。

2.死人の中に

天使の言葉が教えている二つ目のことは、
死んだものの中に命を捜す愚かさです。
女性達が死体に油を塗ろうとして墓にやって来たように、人は長い間、命のないものを拝んできました。
私どもの教会では納骨堂(お墓)があります。
でも、お墓に向かって手を合わせ、それを拝もうとは思いません。
お墓そのものは石ですし、そこに入れられたお骨もまた生きてはいません。
時間がたてばそれは土に返るものです。
お釈迦さまも教えをのべた後、死にました。
マホメットもまた死にました。
死んだものの中に命を捜すことはできないのです。
いのちのない思想哲学、イデオロギーの中に、永遠を求める人もいます。
でも、それらは永遠の命を人に与えることができないのです。
命のないもののなかに、命を探すことは出来ません。

3.よみがえられた

さて、イースター宣言ともいうべさこの天使のことばが、私たちに語りかける最後のこと、
それは、主イエス様がよみがえられたという驚くべきメッセージです。
「十字架の上で、すべての人の罪を赦して亡くなられた傷だらけのイエス・キリストは、よみがえられた。ここにはおられません。」
空っぼの墓を見て女たちも弟子たちも、途方に暮れたのです。
すぐには信じられませんでした。

でも、弟子達は、生前イエス様が十字架の後よみがえると言っておられたことを思い出したのです。
そしてついに、エルサレムの一室で恐れて隠れていた弟子たちの前に、復活されたイエスが現れられたのです。
その手には釘の後がしっかりと残っていました。
「平安があなたがたにあるように」と言われたその方はまさしく主イエス様だったのです。
事実を打ち消すことはできません。
弟子たちは、イエス・キリストが救い主であり、十字架の死が罪の赦しのための贖いであり、イエス様こそ永遠の命のお方であることを知りました。
それ以来、何億もの人々が、イエス・キリストの中に、本当のいのち、永遠の愛を見出して、本当の生さ方を見出してきたでしょうか?

イエスキリストは、私たちの罪を赦すため人となられ、十字架で死んでくださいました。
そして、私たちのためによみがえられたのです。
今、生きていてくださる救い主だからこそ、私たちを救う力があるのです。
あなたに新しい命をくださるのです。
感謝してお祈り致します。

http://godarea.net/

神様の領域あなたに…

誰かがあなたを愛してる

誰かがあなたを愛してる。
  その愛を知ってほしい、
どこに行くにも一緒にいたいと、
  誰かがあなたに願っている。
誰かがあなたを愛してる。
  遠い遠い昔から。
あなたの心の中に住むことを
  待ち望んでいる。

そうです。誰かがあなたを愛しています。これは、その誰かからのメッセージです! 誰かがあなたを愛していて、あなたの幸せを願っています! 人は皆、愛されたい、誰かを愛したいと思うもの。ほとんどの人にとって、この世界で最も素晴らしいものは、愛です! 愛のゆえに、美しい自然が創造されたのです! 草木や花、雄大な夕焼け、ロマンチックな月夜や星の降る夜、素晴らしい動物達。ペットさえ愛を感じとることができ、愛なしには、悲しみのあまり死ぬことさえあります。

人間も切実に愛を必要としており、誰も愛してくれないと失意の内に死ぬ人もいます。人は皆、愛し、愛されることが必要なのです。愛し、愛される事は、私達がこの世界に生きている理由であり、目的です。「誰か」が私達を愛していて、私達が愛し、愛され、幸せになること、そして、この人生のすべての楽しみやあらゆる良き事を味わい、満ち足りることを望んでいるからです。でも、この世界は、なぜ悲しみや苦難に満ちているのでしょう? なぜ、悪や醜いもの、困難、死が沢山存在しなくてはならないのでしょう? すべてが素晴らしく、美しく、善で、心地よく楽しいものとはなれないのでしょうか?

実は、世界はもともとそうなるように造られました。ところが、人間は、利己的で好き勝手に暮らして、他の人達にも冷たく、よそよそしくしたり、やりたい放題にし、当初創造された楽園から、すっかり離れてしまうことを選んだのです。ですから、このような悲惨な状態を世界にもたらしたことで、人間一人一人にも責任があります。正直に考えてみましょう。誰でも悪かった時があるのではありませんか? 良くないと知りながらも間違ったことをやってしまい、取り返しがつかなくなった、誰でもそんな経験があるでしょう? 愛は多くの傷をいやし、心の痛みや苦しみを和らげて、大勢の人を死から救うことができるのに、利己主義や貪欲さ、思いやりのなさ、強情さ、反抗心が、世界の人々に、そして自分自身にも悲しみを引き起こしているのです。

人間は、神が私達の楽しみのために造られた、地上の楽園を破壊してきました。憎しみや妬み、貪欲さ、暴力、戦争や傷つけ殺し合う事によって汚してきたのです。しかし、あなたを愛している「誰か」は人をそれから救いたい、いつかそこから抜け出させてやりたいと思っておられます。今もあなたをそういったひどい事から守り、喜びや平和や楽しみや慰め、幸福、そして何よりも大切な愛を与えたがっておられるのです! その愛とは、その方に対する愛、他の人達、さらには自分自身に対する愛です。その方とは、全て良きものを与えて下さる愛情深い神で、愛そのものです。そうです、あなたを愛している誰かがいるのです! その誰かはあなたを救いたいと願っています。非常に大きな愛の持ち主で、あなたのことを心から愛するが故に、あなたの命を救うために自分の命までも捨てて下さいました! 「人がその友のために自分の命を捨てること、これよりも大きな愛はない!」(ヨハネ15章13節)。それを、あなたのためにしてくれたのです。あなたの罪を償い、愛とゆるしを与えるために。

その方は、ただあなたが、その方を認め、自らの過ちをわび、その方を受け入れ、信じ、その方があなたのためにして下さった全ての良い事に感謝することを望んでおられます。そして、ご自分がされたのと同じように、あなたも他の人達を愛し、良くしてあげることを願っています。あなたに良くしてあげることこそ、その方の願いであり、天の御国にあなたを迎えるために来られる輝かしい未来には、さらに大きな規模で素晴らしいことを行なって下さるでしょう。それからその方は地球を完全に支配し、正義と愛と憐れみと慈しみと親切をもって地上を支配されます。すべての戦争や憎しみ、愛の欠如に終止符を打ち、私達皆が永遠に楽しめる、素晴らしく輝かしい愛の御国を創造されるのです!

あなたを愛するこの素晴らしい誰かに、ただ心に入って下さいと求めてはどうでしょうか? この方は、あなたの涙を拭い、孤独や他の人から拒絶されることから生じる心の痛みや恐れ、混乱を和らげ、永遠に続く美しい愛の人生を与えて下さいます! 今日、心にその方、イエスを受け入れてはどうでしょうか? イエスは神の愛の御子であり、神の愛の現れです。神のひとり子なるイエスは、人間に神の愛を身をもって示すために地上に送られましたが、邪悪な人間達によって迫害され、憎まれ、十字架にかけられました! けれども神に感謝することに、イエスはよみがえり、天の父なる愛の神の元に戻られたのです。そして今は愛に満ちた母親のような聖霊と共に、私達と共におられます。神の御子、愛にあふれる御子が、あなたに命を与えるためにご自分の命を捧げられたのです! イエスはあなたの幸せを願っておられます。私もそうです。私達は皆、あなたに幸せになってほしいのです! あなたを愛している人は沢山います。主と、あなたを愛している人達に助けを求めるなら、たった今でも沢山の愛を受け取る事ができます。ただこの短い祈りを祈るなら。

「神様、私がしたすべての過ちをゆるして下さい! あなたの御子(みこ)イエスの愛を通して、心にあなたを受け入れたいです。あなたを愛し、他の人達を愛するのを助けて下さい。そうすることで、幸せになれ、他の人達も幸せにできますように。また、あなたの本である聖書の言葉に従えますように。御子イエスの名によって祈ります。アァメン」

心から祈ったなら、イエスは心に入ってこられました。それがイエスが約束された事です!イエスはこう言われました。「わたしは戸の外に立ってたたいている。誰でもわたしの声を聞いて戸をあけるなら、わたしはその中に入って」、その人と心の交わりを持つ(黙示録3章20節より)。まだ祈っていないなら、今祈って下さい! 神があなたを祝福し、守られ、あなたが他の人達にとって祝福となるようにして下さいますように!

神様の愛でいっぱいのファミリーより

http://godarea.net/

Copyright(C)2004.01.01 オウサン工房.All Rights Reserved.