2008/11/25 火曜日

Filed under: お知らせ — admin @ 0:22:51

2008年度新松戸教会クリスマス行事

新松戸福音自由教会からのお知らせ

goodnews200811

2008/11/24 月曜日

真実に生きる For Father

Filed under: オウサン工房 — admin @ 13:00:13
2008年10月31日に急いで北京に帰る途中、92歳の父親が天に召されました。父親は最後の顔が50歳ぐらい若くて、寝ているようで微笑みでした。神様の平和と愛とご臨在の中で葬儀でした。
葬儀終わったあと、姉は私に、父の形見たなにか欲しいものはないか、と訊きました。私は、できれば父のの古いメガネが欲しい、と言いました。その箱の匂いを嗅ぎ、感触を確かめながら、父もそうして触れていたと知って、父をとても身近に感じながら、親孝行ができず不孝の私は一人なると悲しく、悔しく気持ちが胸にいっぱいなっています。兄弟の中、私は父の一番愛する子でした。でも私は父に裏切りでばかりです。神様に離れた日々、どんなに父親に心配かけてしまったのか……父親は私のためいつも静かに黙々お祈りの姿が深い父の愛を感じていたが今は耐えない孤独なりました。この世にかえなれないの愛がなくなりました……。沈んでいるまま日本に戻って家に着いたからも私はメガネをしげしげと見つめていました。そして箱の中に、折りたたんだ一枚の紙を見つけました。その紙には父の手で、
いつも喜んでいなさい。絶えず祈りなさい。
すべてのことについて、感謝しなさい。
(テサロニケ第一5:16〜18)
あなたがたは朽ちない種から、すなわち、神の変わることのない生きた言葉によって新たに生まれたのです。
人は皆、草のようで、その華やかさはすべて、草の花のようだ。
草は枯れ、花は散る。
しかし、主の言葉は永遠に変わることがない。
(ペトロの手紙一1;23,24、イザヤ書40:6)
と書かれていました。わたしの顔を涙が流れ落ちたとき、私のうちに神の声とはっきりわかる静かな声が聞こえました。「あなたの父は今も本当に生きているよ」これが私の心に囁かれた言葉です。神様のお赦しと慰めてくださるの言葉でした。私は一つの聖句を思い出しました。「はっきり言っておく。信じる者は永遠の命を得ている」。この時、私は父に再び会えるのだということをしりました。わたしたちがイエス・キリストによって永遠の命の約束を得ているとは、何と素晴らしいことでしょう。在天の父よ、すべての人に与えてくださった永遠の命の約束を感謝します。そして「神様の領域」通して神様の福音を多くの方々に伝えるように頑張っていきます。
王 永天
 

2008/11/15 土曜日

Filed under: お知らせ — admin @ 18:01:13

2008.11.15 ウエルカム礼拝のご案内

新松戸福音自由教会からのお知らせ

goodnews200811

Copyright(C)2004.1.1 Wang.Mc Pure Service All Rights Reserved.