2008/10/26 日曜日

収穫の主人であられる主

Filed under: 励ましの言葉 — admin @ 14:30:37

goodnews200810
きび畑が黄金色に色づき、穂が頭をもたげ、ころころとした栗の実が
熟れる秋の入口に立ちました。

新鮮な朝の風。上着の必要な冷たい夜の空気。
絶えず思索の中へといざなう内なる響き。

秋をしらせる友たちが、あちらで手を差し伸べています。

種を蒔かせ、その実の収穫を願われる神様。
秋の道に立ち、多くのことを思い巡らします。

収穫する実がないと、最初から締めてしまいそうなとき、
道端に落ちている一粒の豆、一個の栗、一掴みの落穂でも、
懸命にに拾い集める忠実さを与えてください。

いつくしみ深い神様。
秋は私たちのたましいを豊かにする、美しい季節です。

色とりどりの木々の紅葉にうっとりと見とれます。
これ以上願うもののない自然の神秘を前にして、ただ謙遜に感謝をささげるばかりです。
すべてのもののすべてであられる主よ。
遠くまでもみじ刈りには行けなくても、
すぐ目の前で出会える、黄色い銀杏の葉の変化に満足できる心をください。

私たちの倉を、目に見えるものだけで満たそうと必死になるのではなく、
御霊として近くにおられる主の御声、私の心の倉いっぱいに、
あふれるほどに満たすことできる、豊かな秋としてください。

バク・ギョンヒ

2008/10/25 土曜日

Filed under: お知らせ — admin @ 14:45:46

2008.10.04 ウエルカム礼拝のご案内

新松戸福音自由教会からのお知らせ

goodnews200810

カルバリの愛を知っていますか(57〜60)

Filed under: カリバリの愛を知っていますか — admin @ 12:45:33

■57
地に落ちて死ぬ
(かつて生きた世界の
すべてのものに別れを告げる)
……そういう一粒の麦となることを
もし拒否するならば、
その時わたくしはカルバリの愛をまったく知らない。
■58
試練の中から救い出されて
主の栄光を讃美することをではなく、
試練そのものから免れることをもし求めるならば、
十字架の道は十字架に導くのであって
花咲き乱れる土手道に導くのでないことを
もし忘れるならば、
そしてそのような生き方を、
また無意識のうちにそのような考え方を続け、
道が険しくなると
驚きあわせてふためくようであるならば
(みことばは「試練を驚き怪しむことなく、
この上ない喜びと思いなさい」とあるにもかかわらず)、
その時わたくしはカルバリの愛をまったく知らない。
■59
もし最も根本的なこと、
最も困難なことを、
わたくしには求めることができないと
人が感じるようであるならば、
もし仲間がわたくしに求めることをためらって
誰かほかの人のもとに行くようであるならば、
その時わたくしはカルバリの愛をまったく知らない。
■60
十字架の下の塵をほかにして
もしこの地上の何ものかを
得んことを渇望するならば、
その時わたくしはカルバリの愛をまったく知らない。
おお、主よ、わが神よ、

おお、主よ、わが神よ、
わたしの知らないものを
教えて下さい。

2008/10/19 日曜日

優先順位

Filed under: 感想と証しの広場 — admin @ 23:41:48

何よりもまず、神の国と神の義を求めなさい。そうすれば、これらのものはみな加えて与えられる。  マタイ福音書6:33

多くの人にとって最大のジレンマの一つは、この現代を生きていく上で自分の役割と責任をどうこなしていくか、ということだと思います。さまざまな役割は互いにぶつかりあい、時間の取り合いになります。どれを選ぶか常に判断を迫られ、肉代的、感情的、霊的なエネルギーを消耗します。そしていつもと違う方向へ進んでも、成果のどれにも満足を感じられず、人生は思い通りにはならないと思うのです。

神に立ち返ることで、私たちはこの混沌の最中にも平安を与えられます。年月を経るうちに私たちは、自分の人生の最も重要な優先事項は神との個人的な、親しい関係を強めることであると気づくようになります。神が私に求めておられることだけを行おうと専念するならば、選択肢はもっと明確になります。そうすることで、私のその他の責任と役割も、神の知恵によって祝福されるものになるのです。

祈祷:神様、私たちはあなたと個人的な関係を持つことを願っています。私たちがあなたを最優先に置くようお助け下さい。イエスが教えられたように祈ります。
主の祈り(文語)

天にまします我らの父よ。
願わくは御名をあがめさせたまえ。
御国を来たらせたまえ。
みこころの天になるごとく、
地にもなさせたまえ。
我らの日用の糧を今日も与えたまえ。
我らに罪を犯すものを我らが赦すごとく、
我らの罪をも赦したまえ。
我らを試みに会わせず、
悪より救いいだしたまえ。
国と力と栄えとは、
限りなく汝のものなればなり。

マナ・マリア・ウィアダー

2008/10/18 土曜日

カルバリの愛を知っていますか(52〜56)

Filed under: カリバリの愛を知っていますか — admin @ 12:51:32

■52
ひたすらな思いでささげた祈りに
思いがけない答えが与えられた時、
それから逃げ出したいときと
もし思うならば、
主が私に負わせようとなさる重荷が
私の心の求める重荷と違うために
いら立ちを覚え、
主の御旨に喜んで従うことが
もしできないならば、
その時わたくしはカルバリの愛をまったく知らない。
■53
わたしの人生を
根底から揺るがすような試練には
あいあたくないともし思うならば、
ひどい仕打ちを受けること、
孤立すること、
不快な状況に置かれること、
理解できない試みに会うことを
もし避けようとするならば、
その時わたくしはカルバリの愛をまったく知らない。
■54
なぜわたくしにこの試練が
与えられるのかといぶかしみ
それが取り去られることだけを
もし祈り求めるならば、
そしていかなる失望をも
落ち着いた心で受け止めるつつ、
どんな晴れ間の中にあっても
平安を持ち続けることが
もしできないならば、
その時わたくしはカルバリの愛をまったく知らない。
■55
もし与えられた試練にすっかり心をとらわれ、
自分に対してはひそかに、
他の人にはそれとなくわかるように、
その試練を大げさに騒ぎ立てるならば、
またその時ような時、
以前のことをひたすら偲んで、
思い出の脇道にいつまでもかかずらい、
そのために他の人を助ける力が弱まるならば、
その時わたくしはカルバリの愛をまったく知らない。
■56
「あらゆる重荷を軽く感じさせ、
荒れ狂う波風の中で平静を与える」のは
愛しかないことを知りながら、
もしかないことを知りながら、
本気になって求めることをしないならば、
その時わたくしはカルバリの愛をまったく知らない。

2008/10/13 月曜日

リーダーシップ

Filed under: 感想と証しの広場 — admin @ 13:18:20

私たちは、与えられた恵みによって、それぞれ異なった賜物を持っています。ローマ書12:6

リーダーシープについて考えるとき、何を思い浮かべるでしょう?過去の偉大なリーダーたちのことを思いますか?それとも、良いリーダーが持つべき幾つかの特質を考えますか?それは、例えばビジョン、自信、コミュニケージョンの技術、決断力といった資質でしょうか?クリスチャンの場合、私たちの多くはリーダーになることを乞われたときためらいます。恐らく、良いリーダーとして必要な資質を持っているとは思っていないからでしょう。

イエスのリーダーシップとは、事業をするような感覚で導くのではなく、神がイエスに行うよう命じられたことを行うことなのです。同様に、私たちはそれぞれ神から与えられた独特の能力や賜物を持っており、そうした賜物をキリストの体に奉仕し、キリストの体を造り上げるために用いるよう命じられているのです(エフェソ4:12参照)。時々私たちは、神が私たちに使えるよう呼びかけておられる声が聞こえないふりをします。或いはとても忙しいと理屈を並べることもあります。私たちには能力がないと、自分で納得しようとすることがあります。しかし、神は資質を持った人を求めているのではないのです。神は呼びかけた人に資質を与えられるのです。

聖書の主人公たちは、誰にでもある人間的な弱点と弱さを持った普通の人です。この人たちは、神の国に仕えることになる時も、私たちが素晴らしい者である必要はない、ただ応えられることが必要なのだということを示しています。霊的なリーダーとは、ごく普通の人が神に呼ばれ、神によって出来るようにされた人のことなのです。

祈祷:神様、私たちの周りの世界に、私たちが忠実な弟子として仕える勇気を与えて下さい。イエスの御名によって祈ります。アーメン。

今日の黙想:生きるということは、神が目的のために私たち一人一人を用いていただくようにすることです。

ジョン・ボウン

2008/10/11 土曜日

私は神に召されている?

Filed under: 感想と証しの広場 — admin @ 13:55:46

いかに美しいことか、山々を行き巡り、良い知らせを伝える者の足は。彼は平和を告げ、恵みの良い知らせを伝え、救いを告げ、あなたの神は王となられた、とシオンに向かって呼ばわる。 イザや書52:7

私の妹は離れたところに住んでおり、この何年も会ったことがありません。妹は主を知りません。だから私は妹が救われるよう祈り続けています。私は妹のところに行って一緒に暮らすことは出来ないので、私は妹の生涯に福音をもたらしてくれるクリスチャンを誰か送って下さい、と神に願っています。私は、この名前も知らない信者が神の召しを聞き、妹に伝道をしてくれるよういつも祈っています。

ある日、遠方にいる誰かもきっと、その愛する人に証してくれるよう、この地域のクリスチャンを覚えて祈っていると思いが浮かびました。畏敬の念と確信が強まるにつれ、私はまだこれまで会ったこともないクリスチャンが、その愛する人に「救いを告げ」てくれるようにと、私を覚えて祈っているはずだと気づきました。私は自分の妹に誰かにも福音を知らせるようにという神の召しに耳を傾けなければならないことを知りました。

祈祷:恵みの神様、あなたを知らない人に福音を伝えるために私たちを遣わして下さる下さることを感謝します。私たちの周りのあなたを必要としている人々に気づき、愛を持って手を差し伸べる備えをするようお助け下さい。アーメン。

今日の黙想:私は誰かの祈りの答えなのかもしれません。

ナンシー・メープス

2008/10/8 水曜日

カルバリの愛を知っていますか(51)

Filed under: カリバリの愛を知っていますか — admin @ 14:19:59

もしほかの人の働きに対して
冷たい関心しか持てないならば、
自分の特別な務めという見方からしか
物ごとを考えることができないならば、
他の人の重荷をわたくしの重荷、彼らの喜びを
わたくしの喜びとするのでないならば、
その時わたくしはカルバリの愛をまったく知らない。

2008/10/7 火曜日

カルバリの愛を知っていますか(50)

Filed under: カリバリの愛を知っていますか — admin @ 13:26:56

キリストによってしか
空白を満たされない世界に、
もし私が侵入しようとするならば、
そしてキリストと結びつくことだけを求めて
人を導くかわりに、
私自身をその人とって
必要なものとしてしまうならば、
その時私はカルバリの愛をまったく知らない。

2008/10/6 月曜日

カリバリの愛を知っていますか(49)

Filed under: カリバリの愛を知っていますか — admin @ 13:22:32

わたくしにとって大切な人が
キリストのために苦しむ時に、
それをみるに忍びないことともし考えるならば、
そしてそのような苦難こそ、
十字架につけられた方のあとに
従う者に考えられる
最も大きな名誉であることを
もし見ることができないならば
その時わたくしはカルバリの愛をまったく知らない。

2008/10/4 土曜日

思いやりは伝染する

Filed under: 感想と証しの広場 — admin @ 14:27:07

わたくしたちは、あたえられた恵みによって、それぞれ異なった賜物を持っています。  ローマ書12:6

マーカスは職場で毎日、出会う人誰にも笑顔で挨拶をしていました。ドアを開けてもらいながら私が「やぁ、元気ですか?」と聞くたびに「有難うございます。今日も素晴らしい日ですよ、今日一日神様があなたを祝福してくださいますように」と生き生きした顔で挨拶を返してきます。私はマーカスに一日に何度も会いますが、いつでも笑顔と励ましの言葉を絶やすことはありませんでした。

マーカスは、私たちが働いていり会社の守衛として働いていました。マーカスの満面の笑顔、輝いた眼、心からの喜び、活力溢れる姿はいつも私の心を勇気づけてくれました。この人の思いやりと励ましは多くの人々に伝わっていきました。マーカスは神の愛を映し出し、そうしたいと常に願っている私の思いを揺り動かしました。

ローマ書12:6〜8を読む時、私はいつもマーカスとその特別な賜物と励ましのことを思います。この世的な見方ではマーカスは裕福でも有能な人でもありませんが、神の賜物を積極的に用いるこの人の行為は私を変えました。神が私たちすべてを特別な賜物であることが、マーカスを見ているとはっきり分かります。私たちが人々を励まし、勇気づけるとき、神は喜んで下さる、と私は信じています。人々に笑顔と思いやりの輪を通して喜びを広める機会を求めましょう。

祈祷:愛の神様、あなたが私たちに与えて下さった賜物を感謝します。その賜物を、人々があなたの無条件の愛を見たり体験するために用いさせて下さい。アーメン。
今日の黙想:人々を励ますために、私は何をしようとしているでしょうか?

ジョン・A・フォード

Copyright(C)2004.1.1 Wang.Mc Pure Service All Rights Reserved.