2008/7/19 土曜日

仕事と祈りとの一致

Filed under: 感想と証しの広場 — admin @ 23:03:51

「私は二つの世界に生きています」私たちのグループのある若い者が、自分の生活の中の、教会と仕事での立場を述べて、こう告白しました。「私は常に、世俗的なものと霊的なもののよびかけとの網引きの中で生きています。日曜日の朝に教会ですることと、職場ですることとの間にはどんなつながりがあるのでしょうか」と、この若い者は説きました。

パウロがこの問題についてどう触れているか、耳を傾けましょう。パウロは、私たちの生活の霊的な一致をこう述べています。「何を話すにせよ、行うにせよ、すべてを主イエスの名によって行い、イエスによって、父である神に感謝しなさい(コロサイ3:17)」パウロは、世俗的なものと霊的なものを、「現実の」世界と信仰を分けるような線引はしていません。これらすべてが、私たちの修練の一部なのです。

もし私たちがパウロの提言を実行するならば、私たちの日々の生活を変えることが出来ます。私たちが行っているすべての行動を神の前に差し出し、捧げるのです。私たちが常に仕事を神に捧げることによって、自分の仕事を祈りに変え、絶えず祈っている自分に気づくようになります。もっとキリストに似たものための労働としてなら、最も楽しい仕事も最も煩わしい仕事も変わることなく、私たちは「何でも」することができます。
ディートリッヒ・ボンへファーはこう書いています。「クリスチャンの祈りは、定められた時間を越えて(個々の)仕事の中心に到達する。祈りは一日全体に及ぶが、そうすることが仕事を促進し、肯定し、その意味と喜びを与える。このように、クリスチャンの全ての言葉、全ての仕事、全ての労働が祈りになるのである」

今日そして毎日、私たちは仕事を祈りに変えることが出来ます。そうすれば、私たちが想像したこともない方法で、私たちの人生が変わるのです。

スティーブン・D・ブライアント

2008/7/12 土曜日

与える精神

Filed under: 感想と証しの広場 — admin @ 9:58:49

信者の中には、一人も貧しい人がいなかった。(使徒言行録4:34)

娘は幼かった頃、よく、このおもちゃは私の物だよ、子供たちに知らせまわっていました。「わたしのよ!」と、おもちゃを取り戻そうとしてはまくしたてていました。今日、私たちの社会の大人たちも、自分の財産が心配になると、これとさして変わらぬ態度をとります。しかし、1世紀のクリスチャンはそうではありませんでした。

使徒言行録4:32−37は、与える精神を持ってキリストを信じる新しい人たちのことを述べています。この人たちは家や土地を売り、自分たちが持っている物を分け合っていました。自分たちの持ち物を手放ためには、自分中心の考え方から離れなければなりません。しかし、キリストの思いを分かち合うことで、人々は進んで与えることが出来たのです。人々は自分の財産を困っている人々に分配するために、使徒たちの前に差し出すことができました。

私たちは神の前に何を差し出すことが出来るでしょうか?神から与えられた才能でしょうか?時間?それともお金でしょうか?私たちはどうしたら自分中心の野心を捨てて、与えるというキリストの精神を取り入れることが出来るでしょうか?

今日の黙想:私は自己中心でしょうか?キリスト中心でしょうか?

祈祷:主よ、私たちが持っているすべてを、私たちの存在のすべてをあなたのために役立てるようお導き下さい。アーメン

パメラ・A・ウイリアムス

2008/7/6 日曜日

神様の傑作

Filed under: 感想と証しの広場 — admin @ 20:32:23

天は神の栄光を物語り、大空は御手の業を示す。(詩篇19:2)

私は毎朝、暗いうちに職場へ車で出かけます。途中の画材店では、店主が陳列室の明かりを灯したままです。展示室の窓から見える何十という絵は重なり合い、多色のモザイクのようになって、私のその日一日を輝かせてくれます。

しかし、私の心の高揚は、夜明け前の美しい華やかな色彩によってもたらされるものではありません。神の創造のあるひと時に特別の意味を見出す才能を買われた画家が、カンバスの上に表現した「特別な意味」、その画家の画力を、私はそうした絵の一つ一つの中に見ているのです。画家が画こうとしているい意図とは関係なく、私はこれらの作品は神から私に発せられたメッセージであると考えています。

私たちには神は見えません。それでも私たちは生きて、神が描こうとされる傑作の特別の部分になっているのです。これは何と素晴らしい作品なのでしょうか。その絵が最も大切なのは、それによって私たちは決して終わることのない創造の業に参加し、私たちがその中に見出す意味を互いに分かち合い、世界中どこにいても創造主の作品を見ることです。神が私たちに与えていて下さるありとあらゆる導きです。

今日の黙想:私たちはそれぞれが神の傑作の一部なのです。

祈祷:惜しみなく備えて下さる主よ、あなたの創造とその中にある私たちの命の賜物を感謝します。私たちがあなたから頂いた全てのものを創造的に用いるようにさせて下さい。アーメン。

ボブ・ティッピー

Copyright(C)2004.1.1 Wang.Mc Pure Service All Rights Reserved.